• このエントリーをはてなブックマークに追加

一括請求について

借金をして延滞が続いてしまったりすると、債権者から来る一括請求。今まで支払いが滞っていたわけですから、要求金額を支払える可能性はない場合がほとんどでしょう。しかし、そのままにしておくと、さらに遅延損害金も発生し、支払い金額は膨れあがる一方です。対処法としてはどのような方法があるでしょうか?

まずは請求側に連絡を入れてみることです。延滞をしていることを謝罪し、再度分割返済を依頼してみましょう。誠意を持って対応することで、相談に応じてくれる場合もあります。しかし、相談してもまた延滞を繰り返してしまうことが予想される場合や、相談に応じてくれない場合は、債務整理という方法があります。返済が不可能な場合は、自己破産という方法があります。自己破産を行うことで、返済する義務はなくなります。

自己破産の手続きを行うと、依頼した時点で弁護士から債権者に「受任通知」が送られ、返済の連絡などをすることができなくなります。借金の苦労から逃れることができるというのはメリットです。しかし、自己破産にはデメリットがあります。自己破産制度は必要最低限の生活費や財産以外は、すべて債権者に配当するという制度です。一定の財産を失うことになるのです。また、弁護士や司法書士、公認会計士など職業や資格の制限を受けることになります。さらに、一定期間、クレジットカードを作成したり、ローンを組んだりすることができなくなります。返済の義務がなくなる自己破産ですが、デメリットも考えてよく検討することが大事です。

返済期日が遅れても連絡をしなかったり、連絡がきても対応しなかったりという態度は「悪質」とみなされてしまいます。すると分割で支払うという信頼を失うことになり、請求が来ることになってしまいます。それでも相談に応じてくれれば助かりますが、相談に応じてもらえなかった場合は、自己破産などについても考えなくてはなりません。そういったことを考えなくてもすむように、返済はしっかりと、定期的に行うことが必要です。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play