• このエントリーをはてなブックマークに追加

金銭感覚について

借金は賢く利用することで有益をもたらすことができますが、場合によっては借金で苦しむこともあります。健康上の問題や仕事上のトラブルなどで返済が滞ることもありますが、それ以外に金銭感覚が問題になっている場合があります。代表的なものとして、借入可能額が自分の口座残高であるかのように感じてしまうことです。さらに借入可能額が増えると、自分の貯金が増えたように感じてしまうのです。それはあくまで借入可能額で、自分の貯金が増えたわけではありません。そして、お金を借りるという感覚ではなく貯金を下ろすという感覚となってしまうのです。

このような金銭感覚になってしまうと、借金の返済が滞りがちになってしまいます。ひとつの消費者金融会社が借入可能額いっぱいになってしまうと、さらにほかの消費者金融会社から借金をして借金を返済するという、自転車操業になるケースがあります。この自転車操業は返済日を乗り越えるだけの手段となり、それがいくら続いたとしても近い将来返済ができなくなってしまいます。このような状態を多重債務と呼びます。さらに、借金は元金を返済するだけではありません。必ず利息が発生するものなので、それも支払わなければなりません。

消費者金融会社だけでなくクレジットカードも借金のひとつです。クレジットカードは手元に現金が無くても買い物ができるため非常に便利なものですが、後々に支払うことになるものです。それを忘れてクレジットカードを使うと返済に苦しんでしまいます。

いくら返済をしても借金が減らない、いつまでも借金を繰り返してしまう、などで苦しんでいる人はまず自分の金銭感覚を見直す必要があります。この状態が続くと永久に借金を完済することができません。家計簿を付ける習慣を持ち、自分の収支を確認しましょう。それでも返済が困難な場合は任意整理自己破産などを検討しましょう。個人ではできないことなので、弁護士などの専門家に相談しましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play