• このエントリーをはてなブックマークに追加

一本化について

複数の消費者金融などから借入している場合、バラバラに借入れていた借金の総額をひとつの金融機関からの借り入れにすることで借入金の返済をわかりやすく出来たり、小さな金額の借金をひとつにまとめることによってその借入金額を大きくして金利を低く抑えられたりすることがあります。これを借金の一本化、または銀行などの扱う商品の名称でおまとめローンなどと言います。借金をまとめることで返済しやすくなり、生活が安定することがある一方、借金が減ったように錯覚して新たに借り入れを繰り返してしまう場合もあり、これを利用するにはきちんと返済をするという決意と借金を増やさない覚悟が必要です。

借金の一本化は、銀行などの金融機関や消費者金融などの貸金業者でそれぞれが特徴ある商品を提案しています。これを利用する前に考えなくてはいけないのは、本当に返済が楽になるかどうかです。借金の返済で最もチェックすべきは利息です。借入金には必ず利息を支払わなくてはいけませんが、毎月の返済は少額でも完済までに支払った利息の合計というのはかなり高額になっているはずです。複数の会社から少しずつ借りている場合には特に要注意で、こうした借入の金利というのは金額が少ない場合には比較的高く設定されている場合が多いのです。

少額ずつ借りている高い金利の借金はまとめることによって大きな金額になり、それに対しての金利は安くなることが多く、元金と利息を合わせた返済総額が減ります。そうすることで返済期間を延ばすことなく、毎月々の返済額を減らすことができる可能性があるのです。特に一本化のためのローンは、それに特化して、金利が低く設定されていたり有利に借り入れられるようになっていたりすることが多く、今後の負担は減るでしょう。

賢く利用して、生活の安定と借入金の管理の簡素化を図れる一本化ですが、きちんと返しきることが大前提です。新たな借り入れや返済のための借り入れなどはもってのほかです。一度一本化したおまとめローンのさらなる一本化はできませんので、心して返済に取り組むべきです。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play