• このエントリーをはてなブックマークに追加

破産財団について

現代社会においてキャッシングサービスは法律上認められているサービスですが、自己破産者も多く出てしまっていることから規制も厳しくなっています。貸金業法にて総量規制という借金のラインが決められており、厳密に言えば借入をする人の年収のうち、3分の1以上の借金は不可能となっています。そのため消費者金融業者からキャッシングでお金を借りようとする際には所得証明書類などの提出を求められるのです。自己破産をした際には、様々なことに関して不自由な生活を強いられてしまうため、よく考えて破産を申し立てるかどうかを決める必要があります。

お金を貸して金利をもらうというサービスは、今やなくてはならないサービスとなりました。それは企業だけでなく家計においても同様のことが言えます。キャッシングだけでなくクレジットのサービスも一種の貸付と同じような物です。一時的に借金をして、その後しっかりと返済していけるのならば問題は無い、という考え方が世を席巻しているのです。しかし、もしも借金を残したまま何らかの理由によって借り入れた本人の支払い能力が無くなってしまった際には、返済が不可能になってしまい、時間だけが経過して金利が膨れあがってしまいます。このような事態に陥ってしまった場合に助けてくれる制度が自己破産です。

自己破産をすると借金を返済する義務が無くなります。しかし、誰もが同じように借金をして破産をすれば「返済しなくても良い」となってしまい、不公平が生じてしまうため、この制度では自己破産者に対し、大きなペナルティが課せられるのです。その内容とは、現在残っている資産の内、生活には不必要だと考えられる物は全て差し押さえられ、お金に換えられ借金の返済に充当することや、破産者の信用情報に傷がついてしまって、次回からは必要であっても金融機関からお金を借りることができなくなってしまうことです。

破産財団とは、これらのペナルティの内の不必要だと思われる財産のことを指します。簡単に言えば自己破産をしてしまった際に差し押さえられる、テレビやパソコンなどの最低限の生活に必要無い物のことを指すのです。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play