• このエントリーをはてなブックマークに追加

弁済について

テレビや雑誌の広告などで消費者金融のCMや広告を目にする機会が増え、借金をすることは身近となりました。これまで借金と聞くとマイナスイメージがありましたが、現在はキャッシングとも呼ばれお金を有効に使うための手段となっています。そのような中で弁済という言葉を耳にしたことがあると思います。これは債務の消滅に向けた行為のことを指し、履行と同じ意味を持っています。つまり借金を返済することがもっとも代表的なことなのです。客観的に債務が消滅に向かっていなければ弁済にはなりません。

そのほかに代位弁済という言葉もあります。これは保証人など債務者本人以外の人間が返済を行うことで、債務者の親が代わりに借金を返済することもそのひとつです。中には債務者の返済が滞っていると、信用保証会社が消費者金融への返済を肩代わりし、信用保証会社が消費者金融会社に変わって債務者に返済を求めることもあります。これも代位弁済であり、近年増加傾向にあります。

代位弁済の通知が届くと返済先が消費者金融会社ではなく、第三者の信用保証会社に変更されます。つまり保証会社が元の債権者の地位を引き継ぎ、債権者になるということです。この際の手続きは非常に重要なものとなるため、内容を確認しておきましょう。もし内容に疑問があった場合は弁護士などの専門家に相談しましょう。

借金は計画的に返済をすれば非常に役立つものですが、それが上手く行かないこともあります。健康上の問題や会社のトラブルがきっかけで返済が滞る人は少なくないのです。さらに、借金の問題はなかなか他人に話せるものではないので、どうしても一人で悩んでしまうものです。そういった際には弁護士などの専門家に相談をしましょう。無料相談を設けている弁護士事務所は全国に数多くあります。任意整理をすることで借金元本を減らし、将来的な利息を減免させることができます。特に代位弁済などは耳慣れないものなので、専門家のアドバイスが欠かせません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play