• このエントリーをはてなブックマークに追加

債務者について

借金をしている人を債務者と呼びますが、中には複数の消費者金融会社やクレジットカード会社から借金をしている、多重債務者と呼ばれる人もいます。複数から借り入れがあると毎月の返済日の管理が難しく、返済が滞ってしまうと複数から催促があります。これによって苦しんでしまうのです。こういった人にとって任意整理というものが役に立ちます。

任意整理とは裁判所を通さずに債権者と交渉をすることで、借金の減額や利息の低減をすることです。これによってより返済しやすいプランを導き出し、お互い和解することができます。任意整理は一般人がひとりで行うことは非常に難しいため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することになります。あくまで返済しやすいプランを立てることが目的なので、自己破産のように完全に無くなるわけではありません。一般的に3年から5年で完済できる見込みがある場合、任意整理が成立します。

任意整理によるメリットとして代表的なものは、利息制限法に沿った利息で引きなおすことで全体の返済額を減額できることです。過払い金が発生すれば借金がなくなるだけでなく、返しすぎたお金が戻って来る可能性もあります。さらに、自己破産や民事再生手続きと違い、ローンの残った車などを守ることができます。保証人がいる場合は、保証人への一括請求も防ぐことができます。裁判所を通さないため官報や破産者名簿に載ることはありません。しかし、任意整理は良いことだけではありません。代表的なデメリットは、ブラックリストに名前が載ってしまうことです。これによって任意整理後の5年から7年の間、クレジットカードが作れなくなり、ローンが組めなくなったりします。

多重債務で悩んでいるようであれば、一度弁護士や司法書士に任意整理の相談をしてはいかがでしょう。弁護士や司法書士に依頼する際にはお金が必要になりますが、相談のみ無料にしている事務所もあります。まずは任意整理によるメリットとデメリットを知っておかなければなりません。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play