• このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理について

債務整理は、抱えている借金を払いきれなくなった人が無理のない払いやすい形に見直す手続きです。借金を法的に見直すことで今までの支払い方よりも負担が軽くなったり、支払った利息が払いすぎだった場合に返還されたりすることもあり、借金の返済に苦しむ人にとっては生活の立て直しや人生の再生のために大変重要な手続きとなります。

債務整理の方法には、いくつかの種類があります。どの方法でも好きなものを使えるというわけではありませんので、その人個人、または法人などに合った方法を選択して行うこととなります。債務を整理すると言ってもやり方は様々で、借金返済の義務の残るものから残らないものまであります。それぞれのメリットデメリットを鑑みて、一番適した方法を選びます。一つ目の方法は任意整理です。これは貸金業者と和解交渉をして、作り直した新たな返済計画に従って計画通りに返済をするという方法です。二つ目は民事再生、三つ目は自己破産です。どちらも借金の義務を減らすことができます。民事再生は減額された借金を返済する必要がありますが、自己破産は借金すべての義務がなくなります。反対に自己破産では住宅などの財産を処分することとなり、職業の資格制限がありますが、民事再生にはありません。また、以前のグレーゾーン金利で支払いすぎた金利を返還する過払い金請求は、借入期間の長い人なら借金額を減らせることもあります。

各種債務整理をするためには、それぞれにメリットやデメリット、その方法が可能かを知ることが必要です。返済能力の有無や財産の有無、職業など総合的に見て決めます。任意整理は相手との交渉によるもので、弁護士などをたてずに自分でもできます。自己破産、民事再生は裁判所での判断で決まります。この場合には弁護士などの専門家による助けがあった方が安心です。

知識がないために自己判断で諦めたり躊躇したりする必要はありません。一人で抱え込まずに、まずは相談機関や弁護士、司法書士などの専門家を訪ね、解決策を探ることから始めましょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play