• このエントリーをはてなブックマークに追加

借金癖について

借金は有効的に利用することで人生にとって大きなプラスとなりますが、一歩間違えると借金によって人生が大きく狂ってしまうことがあります。そのようなことの無いよう、計画的に借金を返済することが大切です。中にはそれが分かっていてもついつい借金をしてしまい、いつまでたっても借金と決別できない人もいます。

借金を繰り返してしまう人はどのようなタイプなのでしょうか。大きく二つのタイプに分類され、ひとつは借金に対して嫌悪感を持っているタイプです。このような人はいくら借金をしてもすぐに返済するように務めるため、必要以上に利息を払うこと無く完済してしまいます。しかし、借金をする人がすべてこのようなタイプではありません。

もうひとつのタイプは常に借金状態の人です。このようなタイプは借金に対して罪悪感が無いため、借金があったとしても限度額が残っていると借金をしてしまうのです。つまり借金癖になっているのです。毎月返済はしているのですが、利息を払うだけでいつまでたっても元本を減らすことができません。ズルズルと借金を続けるため消費者金融会社にとってはありがたいお客ですが、常に借金で苦しんでしまいます。この借金癖のあるタイプは見栄を張りたがる傾向にあり、お金が無いときでも節約をしようとしません。自分の身の丈に合っていない高級品などを身に付けたがるのです。さらに、ギャンブル癖も同時に持っている場合があります。こうなってしまうと非常に危険な状態で、抜け出すことは大変難しくなります。このまま借金を続けると返済ができなくなり、デメリットの多い自己破産を余儀なくされてしまいます。

これを防ぐには自分の収入と支出を見直す必要があります。家計簿をつけて、毎月必ず発生する家賃、光熱費、消費者金融会社への返済などを把握しましょう。そして、その残りで生活をするようにします。家計簿をつけることで、これまで自分がいかに無駄の多い生活して来たかが分かります。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play