• このエントリーをはてなブックマークに追加

追い貸しについて

銀行から借入れをしても返済できない場合が出てきます。資金繰りが苦しくなった企業に銀行は快く貸してはくれません。メイン銀行に返済する分を他の銀行から借りようとしても、難しい場合があります。その際にメイン銀行が行う融資を追い貸しと言います。資金不足になり返済に困った企業にメイン銀行がお金を貸すのはどのようなメリットがあるのでしょうか?

業績が良好でなく、経営再建の可能性が低い企業にさらに貸し出すのは、その企業を破たんささせないためです。メイン銀行が貸し出しをしなければ、その企業は他からの融資は見込めず、破たんに追い込まれることが多いです。それを避けるために、メイン銀行は貸出しを行うのです。企業の倒産は銀行にとって不良債権を抱えることになるのです。その状況を避けるためにさらに融資を続けるのです。

バブル崩壊後、特に追加融資を受けた企業は不動産や建設関係が多いとされています。しかし、追加融資を受けた企業ほど、業績が復活したとは言えないと言われています。ただし、全てがそうとは言えず、企業の再建、収益の上昇を期待して追加融資をしたものの、経済状況が悪化し好転できなかった、ということも考えられます。

業績不振で赤字が続いている企業に追加で融資をするのは、メリットにはならないと言われています。そればかりか、経済全体の状況を良好にさせることもできないことです。追加で融資を受けた企業の生産性が高まらないことからも分かるように、融資を受けたことで安心し、業績をアップさせるという意識を高めることにもつながっていません。また、多くの融資を一つの銀行から受けてしまうと、対等な立場でいられなくなることも考えられ、企業の方針や運営に関しても、差し障りが出てくる可能性もあります。銀行から借入れができるからといって、手放しで喜んでいる前に業績を上げる努力が必要。これは企業だけではなく、個人の借入においても同じことが言えるでしょう。

関連する基礎知識

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play