• このエントリーをはてなブックマークに追加

返済額について

借金をすれば返済していかなければなりません。その際の返済額というのは、借りた金額やどこで借りたか、によって異なります。月々に返す金額は少ない方が助かるものです。しかし、毎月少ない金額を返済していると、その分返す金額が大きくなります。それは利息というものがつくからです。お金を借りれば必ず利息がついてきます。返済は借りた分の金額を支払えばすむことではなく、利息を含めた金額を返済していくことになります。よって、借金をする際には、利息を確認することが大切です。

使用料とも言われる金利。実際に支払う金額を利息と言いますが、通常は年利何%と表現されています。利息を知るには計算式があります。元金(借りた金額)×金利(%)×借りる日数/365=利息金額です。通常返済は1ヵ月に1回ですから、返済する金額は1ヵ月分の利息を含めた金額が提示されます。1ヵ月で返済できない場合は、日数分の利息が発生します。利息の差は返済の差になります。利息金額はそれほど大きく感じなくても、1年間支払うことになれば大きいものです。利息は1%でも少ない方が支払う金額も少なくてすむということです。

利息を少なくするには、利息が低いところを利用することです。消費者金融、信販会社、銀行ローンなどさまざまなところを比べてみて、利息の低いところを探しましょう。また、返済期日が長期になればなるほど、利息は増えていきます。できるだけ早めの返済を心がけることが必要です。返済できるお金が用意できたら、返済してしった方がその分の利息を支払わずにすみます。

借金がなかなか減らないと感じている場合、利息だけを支払っていて元金が少ししか減っていない、という場合もあります。月々の返済において、元金はどれくらいで、利息はどれくらい支払っているのか、といったことを自覚することが必要です。まずは支払っている金額の内訳を確認してみましょう。利息が高い場合は、借り替えなども考慮に入れた方がいい場合もあります。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play