• このエントリーをはてなブックマークに追加

印鑑証明について

印鑑証明というのは、ある印鑑について固有の人物独自のものであることの証明であり、それによって証明された印鑑を実印として不動産、土地やマンションの売買や自動車などの高額な売買、公正証書の作成や金銭の貸借の契約書などに使われます。印鑑証明によって実印として認められた印はとても大切なものです。悪用されたりしないためにも、保管や扱いに注意して正しく使いましょう。

印鑑証明書は社会に出るとさまざまなシーンで意外と使われることがあります。もちろん、その必要性や使い方の是非は検討すべき最重要課題ではありますが、必要となった時に用意できないとあっては社会人として失格です。自分の実印は作成しておく方が良いでしょう。これにはまず、その実印となる印鑑を準備することから始めなくてはいけません。印鑑と言っても普段宅配便が来た時の認め印として使用しているような三文判や次々インクが染みだすシャチハタ印のようなものではいけません。朱肉を使って押すタイプであることはもちろんのこと、誰もが手軽に同じものを得られるようでは、危険です。役所が実印であることを証明するものであり、大きな契約の際に重要な証明となるものですから、他の人が勝手に登録内容を変えたりできないように、出来るだけオリジナルの印鑑を作って登録します。

大変大切な登録であることは分かりましたが、印鑑証明書はそれ単体ではそれほど重要というものではありません。これは印鑑が実印であることの証明であるため、その実印を押してある書類とセットになって初めて効果を持つと言っても過言ではありません。不動産売買などの契約の他、金銭貸借の契約やまたその保証人となる場合などに実印を押し、証明書を添えて実印であることを証明します。その為、実印と印鑑証明書のセットでなくしたという場合には悪用の恐れもあるため、早期に役所で廃止、変更の手続きを行わなくてはいけません。

それ自体では本人の証明書にもならず、効果もあまりない印鑑証明ですが、悪用されると大きな被害となる可能性の高いもののひとつですので、注意が必要です。

関連する基礎知識

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play