• このエントリーをはてなブックマークに追加

債務超過について

債務超過とは、会社の経営状況をお金の面から見ることのできる貸借対照表において、資産と負債を比べた時に負債の方が多い状態を言います。負債、つまり債務が資産の価値を越えてしまったという意味で、資産を処分したとしても今ある負債をすべて返済することができないこととなります。債務の金額の多さには関わらず、資産との比較のみによって判断されます。会社の規模に関係なく起こり得る問題で、上場している企業から中小の町工場まで経営上もっとも懸念すべき状態と言えます。

債務超過と判断された企業は、株式市場に上場しているような大企業であれば、その状態が長く続けば上場廃止の可能性もあり、資金を集める規模が減ってしまう恐れがあります。また、銀行の借り入れもこれまでよりも高い金利でしか、借りられなくなることもあります。中小企業に関しても、銀行からの借り入れ自体が厳しい時代にあっては債務超過を銀行等の金融機関に知られ、貸し付けを断られたり、今現在の借入金の回収を急がれたりすることがあるかもしれません。資金繰りが出来なくなるだけでなく、取引先からも未払いを恐れられたりして営業が立ち行かなくなったりします。

中小近業の債務超過は、即経営難につながる恐れがありますが、実は隠れ債務超過となっていたり、事実を知りながらも経営者が隠していたりすることも多いようです。中小企業で上場していなければ、決算書を公開しなくても済みますし、決算書の内容を精査してみると減価償却を行っていなかったり、実質的な価値と合っていない算定が行われていたりすることもあります。こうしたことは新たな貸付や返済計画立案時などに、銀行が調べることで発覚します。この時点で貸し付けを断られたりすると経営が危うくなります。

憂慮すべきは、借金の多さ、金額の問題ではありません。これは法人だけでなく個人の借金にも言えます。一番の問題は自分の持つ資産、財産よりも多い借金があって、いざという時に返済の見込みがないことなのです。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play