• このエントリーをはてなブックマークに追加

任意整理について

任意整理とは、返せないほど膨らんだ多額の借金を返しやすくするための債務整理の方法のひとつです。自己破産民事再生のように裁判所の手続きを必要とせずに、貸金業者やクレジットカード会社などを相手に直接話し合いができるため、早期解決を望む人や利息など軽減されれば返済が可能な人には有効です。

任意整理は、債権者である貸金業者と債務者であるその利用者が直接話し合いをすることで、返済額を減らしたり利息や遅延金の支払いを無くしたりしてもらい、返済をしやすくする方法です。過払いとなった利息の差額を元金に充当することで返済額を減らすこともできる場合があります。任意整理が始まるとともにこれまであった督促が止みます。弁護士や司法書士に代理人として話し合いをしてもらった方がより安全性は高くなります。折衝術が明暗を分けることもあるため、話し合いのノウハウに長けた熟練の弁護士を探したいものです。当事者間だけでの話し合いでは解決に不安がある場合には、似た方法として特定調停という裁判所を通した債務整理の方法もあります。これも内容としては話し合いによって返済計画などを検討する方法で、裁判所が間に立ち和解の手伝いをしてくれます。

任意整理の後は、話し合いをして決めた返済計画に従って、返済していくことになります。今までの無理な利息は無くなり、元金を現実的に減らしていける返済になるため、将来の見通しが立てやすくなります。民事再生や自己破産のように劇的に減額や免除となるわけではありませんが、特に官報に乗ったりせず、他の人に借金を知られることも何かの制限がかかることもありません。信用情報機関のデータには5年間保存されるため、新たな借り入れやクレジットカードの発行は難しくなりますが、借金に頼る生活を見直す良い機会として利用することも出来ます。

この方法は一番早く、またある程度の返済能力さえあれば、債務者、債権者ともに合理的かつ納得しやすいやり方でもあります。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play