• このエントリーをはてなブックマークに追加

雪だるま式について

借金をすると雪だるま式に増えて行く、という印象があるでしょう。消費者金融だけでなく、クレジットカードや銀行のキャッシュカードなどで手軽に借金をすることができる現在、借金を抱えている人は多いものです。借金を抱えている場合、油断していると自分でも想像できないくらいに増えてしまうものなのです。

お金を借りる理由について考えてみましょう。住宅ローンや車のローン、生活費が足りなくなった、買い物をし過ぎて支払いができなくなった、などさまざまな理由があります。住宅ローンなどは最初に月々の返済計画を立てることが多いので、普通に仕事を続けていれば順当に返済していくことができるでしょう。しかし、ギリギリの生活費で生活している場合、赤字になってしまうことがあります。その場合はお金を借りてすませようとします。最初は数万円であったとしても、もともとギリギリで生活していると余分なお金はないはずです。給料などで返済できず、借りて返す、ということになりがちです。

返済は借りた分の金額を返済するのではなく、利息がついてきます。返済期限が長くなればなるほど利息は増えていきます。借りて返すということを繰り返していると、借金は増え、それとともに利息も増え、1ヵ月の返済金額は給料ではとても支払えない金額になっていきます。ボーナスで返済すればいいと考えていると、ボーナスでは住宅ローンをボーナス払いにしていたり、ショッピングなどの支払いをしなければならなかったりと、当てにしていたボーナスもすぐになくなってしまい、借金の返済に充てることが不可能になってしまうことも。さらに他の消費者金融から金を借りて返済する、という悪循環が始まるのです。

悪循環はできるだけ早く解消することが大切です。「いつかは返済できるはず」「来月切り詰めれば返済できるはず」と考えても、今までできなかったことが来月にできるとは限りません。早めに対処法を考えることが必要。収入を増やすか、借金をまとめて返済金額を減らすことを考えましょう。大事なのは、借金をしたら、早めに返済することです。少ない金額のうちに返済し、返済が終わったら借りること。返済が終わらないうちに借りていると、借金は増えていくばかりです。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play