• このエントリーをはてなブックマークに追加

経済的価値について

借金というといいイメージがないことが多いものです。しかし住宅ローンや車のローン、学資ローンなど経済的価値のあるものもあります。ローンが組めるから、家を持つことができたり、勉強を続けることができたり、車を買うことができるのです。借金は経済的効果を上げているものでもあるのです。さらに消費者金融やクレジットカードでの借金などを利用している人は珍しくありません。無担保で簡単に借入れできるキャッシングやローンは、簡単にお金を借りることができ、返済方法も簡単なので、多くの人が利用している借金の方法です。

現在、定職を持っていなくても借金ができる方法もあり、多くの人は手軽にお金を借りることができるようになりました。そのため、借り過ぎによって返済に困っている人も多くなっています。中には多重債務者となり、自己破産に追い込まれることもあります。そのような借り過ぎを防ぐために作られたのが、総量規制です。借入れできる制限を作ったもので、消費者金融などの借入は総額で年収の3分の1までとなりました。返済能力に適した借入れをすることで、借り過ぎを防ぐことが目的です。

しかし、借入れできないことで、返済できない状況に追い込まれる人もいると予想されます。現在では返済のために借入れをしている人も多いのです。さらに、借入れの枠を規制することでお金の流れに歯止めをかけることになるとも言われています。借金をすることで買い物をする、大きなものを買う、贅沢をする、といったことができなくなるということは、市場にお金が流れなくなるということでもあります。

借金で成り立っていると言っても過言ではない現代社会。借金は経済をうるおわせているものでもあります。しかし、だからといって借金をするのがいいことではありません。お金を借りることは努力をせずにお金を手に入れるということです。働かなくてもお金が手に入るという状況は、生産性を生むことを阻むことでもあるのです。また、借金をいつまでも抱えている状態は、信頼性を失くします。借金をすることでさらに利益が上がる、より豊かになる、という借金は経済的効果も上げるものですが、生活が苦しくなる、何も生まれないといった借金は避けた方がいいでしょう。

関連する基礎知識

関連する悩み相談

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play