• このエントリーをはてなブックマークに追加

友人から受けた相談なのですが、額が大きくて気軽に返事ができないと思ったので相談させてください。
友人は専業主婦で1歳の子供がいるのですが、旦那さんに内緒の借金が500万あるそうです。
もう支払う事ができないらしく、自己破産も考えているとのことですが、彼女の両親は離婚していて離れてくらしている父親がいます。
自己破産の手続きの前に父親の相談してみようか悩んでいるようです。
最後に会ったのは10年以上前らしいのですが、貸してもらえる可能性があるなら相談してみるべきですよね?
借金は遊んで作ったわけではなく、生活費らしいのですが、なぜ500万もの高額になってしまったのか理解に苦しみます。
父親を頼るよりも、旦那さんに打ち明けるようアドバイスした方がいいのでしょうか?

2015年07月28日投稿者:もや子(30代女性)
  • 176人に評価されました
  • 専門家回答 1件/返信 1

専門家からの回答

岩本 亘平弁護士
岩本 亘平弁護士

ご相談拝見しました。
生活費で500万円は相当に高額ですね。どれくらいの年数でこうなったのかにもよりますが,生活レベルが失礼ながらご収入と釣り合っていないと思われます。

専業主婦の方がご主人に内緒で生活費のために借り入れをされるというのは,実はとてもよくあるケースです。

奥さんとしては,「家計のやりくりは妻の努め」と周りに言われ,ご本人もそう思いつつ様々な事情で思うようにいかない場合,ご主人やご両親に発覚することを恐れ,つい借りてしまうのだそうです。


ご友人がお父さんに相談されるか否かはあくまでご本人次第です。既に別居しており家計も別にしているのであれば,仮にご友人が自己破産しても法的にはお父さんに何か迷惑がかかるということは通常はありません。お父さんが連帯保証人になっているなどの事情があれば別ですが。

ただ,お父さんの方でご援助できるのであれば援助してもらい,その後お父さんに少しずつ返済していくという方法を取ることが出来れば,自己破産はせずに済みますね。


ご主人とお父さんのどちらに先に相談するのか,自己破産するのかなんとか返済していくのか,そういったことも大事ですが,まずは現在の生活を見直し,借入をせずに生活できる環境を整えることです。

そのためにはやはりいずれはご主人に打ち明けなければならないでしょうね。

ただ,本当に生活費としての借入なのか,毎月の家計簿がどうなっているのかなど詳細が分からないと,そもそも自己破産したくても出来ない可能性もあります。


額が額だけに,結局お父さんとご主人のどちらにも打ち明けなければならなくなる可能性が高いでしょう。


どちらに先にご相談するかによって法律的に何か変わるということは考えにくいですが,私としてはまずはお父さんにご相談のうえ,ある程度今後の目途をつけたうえでご主人にご報告されるのが良いのではないかと思います。

2015年08月06日14時54分
user_icon もや子
(30代女性)

岩本先生

長らく放置してしまい申し訳ありませんでした。
丁寧な回答ありがとうございます。私も岩本先生の意見に納得して、友達にアドバイスしました。
覚悟を決めて父親に相談したところ、200万を貸してくれて、知り合いの弁護士に任意整理を依頼してもらえたそうです。
その後、旦那さんへ報告するために一緒に来てくれて、経緯を説明してあやまってくれたそうで、いいお父さんですよね…。

結局毎月6万ずつ返済をすることになり、彼女がパートに出るそうです。お金の管理も旦那さんがしてくれることになりました。
借金を返済し終わったら、家を買おうとがんばっています!
わたしも結婚したいな~と思えるエピソードに落ち着きました。

本当にありがとうございました!

2015年10月06日10時53分

この質問への回答は締め切られました。

関連する悩み相談

関連する基礎知識

関連するキーワード

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play