• このエントリーをはてなブックマークに追加

母が自営業をしていて、多くの借金をしています。
自営業はもともと父がしていた仕事を父が亡くなった後、母が受け継ぎました。
当時母は別の仕事で収入があった事もあり、父の頃に借金はありませんでした。
借りている相手は消費者金融などではなく、友人や知り合い、大家さん等の個人です。
借金の理由は仕事がない月の生活費や従業員(2人)の給料等なのですが、積りに積もって1000万を超えてしまいました。母は自営業をやめ、昼は清掃員、夜は飲食店で死にもの狂いで働いています。
そこで質問なのですが、子供の私としては自己破産を勧めたいです。
しかし、借入が金融会社や銀行でない場合、自己破産という選択はありますか?
その場合、一度どこかの金融機関から借金をして友人らに返した方がいいのかとも思ったのですが、今の母の状態で審査が通るとは思えません。
60歳を過ぎている母を助ける手立ては何かありませんでしょうか?

2015年11月16日投稿者:森の音楽家(50代性別非公開)
  • 290人に評価されました
  • 専門家回答 1件/返信 3

専門家からの回答

松本 治弁護士
松本 治弁護士

債権者が誰であろうと、「支払不能」と認められれば、自己破産の申立ては可能です(破産法15条)。実務上、支払いが「苦しい」というくらいでも認められています。お母様のご年齢と債務額からして、かなりの収入がなければ、破産申立ては可能と考えられます。
そして、浪費などの問題がなければ、免責され、差し押さえなどの危険はなくなります。
全債権者を対象に、ほぼ問答無用で借金をゼロにする手続きです。それなりに手間もかかります。

というのがご質問への回答ですが、お母様としては、感情的に支払うべきとお考えなのかも知れません。
その場合には、弁護士に任意整理を依頼したり、裁判所に特定調停を申し立てて、借金を現実的な額に棒引きしてもらうなどの方法もあります。自己破産より簡素でマイルドな方法です。

どちらにしても、お母様のお体に無理が出ないうちに踏み切られることをお勧めします。

2015年11月16日23時07分
user_icon 森の音楽家
(50代性別非公開)

ご回答ありがとうございます。
もう一つよろしいでしょうか。
自己破産をした場合には、現在お金を借りている知人にはお金が返らなくなるということですよね?
返らなくなるけれど法的に「返さなくていい」という手続きであるという認識でよろしいですか?

2015年11月20日10時20分
松本 治弁護士

自己破産・免責申立ては、裁判にかけられて強制執行を受けるのを避けるための手続きです。免責が確定すれば、その後の財産で元々あった負債について任意に支払うことができます。「返しても返さなくてもいい」という状態になるわけです。(なお、一旦返したものを取り戻すことはできないとされています。)

2015年11月20日18時02分
user_icon 森の音楽家
(50代性別非公開)

ありがとうございます。
一度自己破産してから返済をするように話してみようと思います。
周囲からの借金であっても専門家の方に相談することも大切ですね。

誠にありがとうございました。

2015年11月24日17時58分

この質問への回答は締め切られました。

関連する悩み相談

関連する基礎知識

関連するキーワード

注目タグ一覧
このサイトを共有する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基礎知識
提携アプリ
  • AppStoreからダウンロード
  • Get it on Google Play